読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日こつこつ楽しい暮らし

平凡な主婦がシンプルライフを目指し日常を綴るブログ

トムヤムクンスープに入ったフォー

幼稚園の新学期が始まりました。

お昼ご飯を毎日作らなくていいのは楽ですね。

自分のお昼ご飯は、子どもが食べられないものをこっそり食べています。

 

たまに無性に食べたくなるトムヤムクン

タイ料理が好きでたまに食べたくなります。カンボジアへ旅行に行く時、タイで乗り換えがあり空港で食べたトムヤムクンが忘れられないんですよ。海老がプリプリで、辛さが控えめで美味しく、カンボジアで食べた料理よりも印象に残っています。

 

輸入食品を扱っているお店でトムヤムクンスープのフォーをみつけました。

f:id:motoka0306:20160912115326j:plain

原産国はタイ。本場のカップフォーです。

 

蓋を開けると、乾麺のフォーとスープの素が2種類入っていました。

f:id:motoka0306:20160912115517j:plain

スープはパウダー状のものとチリソースです。

お湯をいれて4分待ちます。

f:id:motoka0306:20160912115636j:plain

パッケージの写真から具が入っているのかと思いましたが、わずかなネギ(だけかな?)のみ。

 

トムヤムクンとは

タイの代表的な料理で、辛味・酸味のあるスープです。

トムヤムクンの意味は、「トム:煮る」「ヤム:混ぜる」「クン:海老」です。

材料に海老ではなく鶏肉が使われている場合はトムヤムガイになり、イカの場合はトムヤムムックになりますよ。

 

材料には、柑橘系ハーブのレモングラスやカフィアライムリーフ、ナンプラー、チリペースト等が使われています。カフィアライムリーフは、東南アジアで利用されているカフィアライム(別名コブミカン)の葉です。柑橘系の香りが良く、魚の臭みをとる為等、様々な料理で使われています。

 

トムヤムクンフォーの味は

お湯を注いだ瞬間、柑橘系の良い香りが広がりました。タイ料理だ~と感じる香りです。丁度良い辛味と酸味がきいたスープがフォーに良くからみ、とても食べやすいカップ麺です。私は辛さに弱いので、辛い物が好きな方にはもしかしたら物足りないかもしれません。

 

以前、トムヤムスープの素を買いました。ペースト状になったスープの素をお湯で溶かします。味見をする為ひとくち口にした瞬間、喉の奥に強い刺激を感じて、咳こんでしまいました。とにかく辛く、水で薄めても辛味は変わりません。夫も食べましたが、私と同じで咳こんでいました。

辛いものが好きな友達に、話のネタでこのスープの事を言うと興味を持ってくれました。大量に残っているスープの素の一部を友達にあげると、その日の内に連絡がありました。

 

「すごくおいしい!!教えてくれてありがとう。」

 

友達の反応に思わず、「ホントに?咳こんでないの?」と質問をすると、「ちょうどいい辛さだったよ」と友達から返事がきました。その後、友達はそのトムヤムペーストを買い、実家のお母様へ勧めたそうです。

 

辛さへの耐性は人それぞれ。その事を実感した出来事でした。

 

このトムヤムクンスープ入りフォーは、友達には物足りない辛さに違いありません。

辛さに弱い人には、美味しく食べることのできる辛さだと思いますよ。

また、食べたいです。