読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日こつこつ楽しい暮らし

平凡な主婦がシンプルライフを目指し日常を綴るブログ

体調不良と病院

病院へ行ってきました。

 

3月頃から疲れがとれず、とにかく眠たい。生理不順になり、便秘になり、体調がすっきりしない日が続いていました。調べてみると、甲状腺か婦人科系のホルモンバランスが崩れている可能性がありました。しばらく様子をみていましたが、ずっと体調が不調なのは辛く限界でした。

 

婦人科か甲状腺専門の内科か迷いましたが、まずは甲状腺の内科へ行きました。

 

その病院のホームページをみると女性の先生。とっても美人な先生でした。診察時の対応も丁寧で良かったです。我が家から歩いていける距離にも甲状腺の病院がありますが、もしかしたら婦人科系のお話もしなくてはいけないかもしれないと思い、女性の先生がいる病院を選びました。

 

甲状腺は喉のあたりにある器官で甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺ホルモンはエネルギー代謝を調節するホルモンでバランスが崩れると、体調が悪くなります。代表的なのは橋本病やバセドウ病です。体の発達にも影響するので、赤ちゃんが受ける先天性代謝異常の検査項目にもなっています(クレチン症)。息子は1歳頃身長の伸びが悪くなり、血液検査をしたところ、甲状腺ホルモンの数値が悪く、投薬するほどではありませんでしたが、3歳くらいまで経過観察をしていました。その後、身長が伸び発達も問題なかったので病院は卒業しました。

 

私は、血液検査と甲状腺のエコーをとりました。エコーで甲状腺はそこまで大きくなく、血液検査の結果は薬を出すほどではないが、微妙な数値なので経過観察をすることになりました。エコー写真ももらいました。妊娠中のエコー写真は嬉しいですが、自分の甲状腺の写真ってどうしたらいいのでしょうね。

 

いろいろな検査があったので、病院に1時間ほどいました。待っている間に、気になる出来事がありました。

病院の隣にある調剤薬局の職員さんがおばあさんを連れてきて、受付でおばあさんの事を聞いている様子。おばあさんは、どうやら薬が無くなったので薬局に来たが処方箋が無いから薬が出せない。病院へ連れてきたが、おばあさんはこの病院には掛かったことがない。病院を間違えている様だが、どの病院へ行きたかったかがわからない。保険証を持っているか尋ねられていたが、持っていない。保険証や診察券などはおばあさんのお姉さんが持っているのだそうだ。受付の方が、お姉さんの連絡先はわかるかおばあさんに聞いたけれどわからないとの事。

私は検査で呼ばれたり待合に戻ったりしていたので、全ての状況はわかりませんでしたが、その後どうなったのか気になりました。病院からの帰り道、2人のおばあさんが歩いていました。1人は病院にいたおばあさん。もう1人は、きっとお姉さん。連絡が取れたみたいです。良かった。

 

30代半ばになって体の不調が続いています。子どもと元気に遊ぶ為にも体調管理をしっかりしていこうと思います。